会社依存からの脱却、これからの40代の生き方。DeNAベイスターズ、時々アップルな日々

40代会社員やってます。会社依存からの脱却をテーマに40代の日々、DeNAベイスターズ、アップルな日々を綴ります。

サラリーマンな日々7 会社に依存しない生き方

こんにちは。

シャアザク朗です。

私も40歳が過ぎてから、自分はこのままこの会社で定年まで勤めあげるのだろうか。

また定年後も再雇用されてここで働くんだろうか?

そもそもそれまで会社はあるのか?

そんな事を考える事が多くなりました。

 

私自身、よく考えるとかなり会社に依存して生きています。

 

依存してるメリット

①収入(依存度100%)

昨年まで中古マンションを所有し、不動産収入が年間30万ほどあったものの、賃主が出て行ったため売却。今は会社の収入のみ。収入なければ、暮らせない。

 

②時間

1週間のうち、睡眠一日7時間×7日49時間、睡眠時間以外は119時間。およそ労働は週50時間だから(依存度42%)を占めてます。一日の労働時間は8時間。当然、残業もあります。通勤時間も含めると、自分の時間はわずか。

 

③地位

どこどこ会社に勤めてます。

どこどこ課の課長の〇〇です。

会社にいる事で、精神が保たれ、何故か安心している自分がいる。

(依存度100%)

 

社会的な信用も含め、メリットも大きいが、我ながら依存度が高過ぎます。

 

今年、目指すところは

①収入

依存度100%からの脱却

副業、資格を取得などで収入アップ

 

②時間

労働時間に関しでも、理想は定時退社。

定時だと時間依存度33%まで減少。

余暇、趣味、友人、家族の時間を増やす。

 

③地位

今は社会的な信用の元に、大きな会社で働いてるという安心に胡座をかいているが、会社を辞めても大丈夫と言う柱のようなものを作る

 

この3つを目指したいと考えています。

年始の初頭と言

う事で気負い過ぎの感もありますが、色々考え、今年は過ごしたいですね。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村